漢方自然療法とは

◆ 漢方と自然医学の合流・人間と環境の調和

ごきげん漢方グループでは、漢方自然療法を中心に、健康・美容・滋養強壮の為の理論とさまざまな実践法を紹介しています。
当グループでは、漢方や本草学、民間療法等を総合的に捉え、尚且つ、自然と環境の調和目指した自然療法を、漢方自然療法としております。

◆ 漢方自然療法の考え方・実践

このコーナーでは、漢方自然療法の考え方をできる限りわかりやすく、簡潔に説明し、実践法までご紹介したいと思います。 漢方自然療法の詳しい理論に関しては、ファイブス本草科学研究所にて、発表していきたいと考えていますので、 興味のある方は、研究所の方をご覧ください。

◆ 漢方自然療法の中核をなす栄養素

最近では、健康意識の高まりや、テレビ番組での紹介により、サプリメント(栄養素)への認識が、国民全体に広まっています。 毎日の食事だけでは不足しがちな栄養素を、サプリメントによって「補う」のは、健康維持の為にも良いことです。 当店が提唱している漢方自然療法では、その中核を成す栄養素として、「緑の栄養素」「薬草」を挙げています。
現代社会での暮らしは、文明の発展により大変便利になりましたが、その一方で、食べ物や排気ガスを通して、人体に悪影響を及ぼす化学物質が、 体内に蓄積されやすい環境にもなりました。
当店では、これらの環境から身体を守り、浄化を促し、漢方の気・血・水の流れのバランスを取ってくれる栄養素として、「緑の栄養素」「薬草」 に注目しています。
また、この「緑の栄養素」「薬草」の働きをより良くするものとして、「ビタミン・ミネラル」の摂取も欠かせません。
緑の栄養素」「薬草」に「ビタミン・ミネラル」を中心に考えた、当店の考え方を、以下の図に示しました。


著作権法に基づき、本サイトの内容を、無断で引用、複製、翻訳、放送、出版、改変、等することを禁じます。

copyright © 2014-2015 ごきげん漢方川田薬局 All Rights Reserved.